読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シンオウダービー】シザリガートリパ

f:id:barudoru:20160726230350j:plain

インターネット大会「シンオウダービー」で使用した構築。
最高レートは1825だったものの、44・45戦目というラスト2戦で負けて最終1789という少々残念な結果になりました。最終戦績は35勝10敗。
ミスキャストだったカビゴンを別のポケモンに変えてサブロムで回したかったですが、ポケモンGOに時間を取られて断念( ;∀;)

概要

ファイアローモロバレルが存在せず、マニューラサンダーガブリアスや雨パーティが主流となるこのルールではトリパが非常に強いと考えました。
使用不可能なメガクチートローブシンに代わる鈍足アタッカーとして、シザリガーをメインに組んでみました。

f:id:barudoru:20160726230546p:plainシザリガーについて

シザリガーはマイナー臭漂う見た目とは裏腹に、環境最高峰のパワーを備えているポケモンです。
第六世代で威力が強化された「クラブハンマー」と「はたきおとす」を、特性「てきおうりょく」込みのタイプ一致で使用可能。
命の珠+適応力+はたきおとすの火力指数はメガクチートのじゃれつく以上。HP振りのハッサムやサンダーも乱数一発で落とせるほどです。
クレセリアメタグロスのような物理耐久オバケも弱点を突いて粉砕できるため、トリルターン内に決着をつけるのも難しくありません。

f:id:barudoru:20140517124427p:plain脱出ボタンカポエラー+トリルサーナイト

シザリガーと組み合わせるうえで最適だと考えたトリル起動役はサーナイトでした。
フェアリー技によってシザリガーの攻撃範囲の穴である悪や格闘タイプの弱点を突くことができ、
反対にフェアリー技を半減する炎やメタグロスに対してはシザリガーが打点を持っているので相性が良いです。
フェアリー技+水技、フェアリー技+悪技の攻撃範囲の相性の良さは雨サナバレルでも体験したことがあります。

理想的な展開としてはトリックルーム下でサーナイト+シザリガーコンビを並べることですが、
この布陣を作るための準備役として脱出ボタンカポエラーを採用してみました。
初手でカポエラー+サーナイトを並べ、猫だまし+トリックルーム
相手が全体技などでカポエラーを殴ってくれれば脱出ボタンが発動しシザリガーが光臨。トリル下でシザサナの並びになります。
後ははたき落とすとマジカルシャインを連打してイージーウィン、という作業パーティのような動きが可能です。

基本選出は先発カポエラー+サーナイト、後発シザリガー+ウインディ
トリックルーム下で相手を削り、高威力先制技である不意打ち、アクアジェット、神速でトドメを刺す流れを理想とします。

個別解説

f:id:barudoru:20160726230546p:plainシザリガー
【はたきおとす、クラブハンマーアクアジェット、まもる@いのちのたま/てきおうりょく
169-189-105-×-77-54 (H244,A252,D12) ゆうかん
 ※S個体値0
H:10n-1(命の珠の反動意識)。
トリックルーム下でのエース。
特性の適応力と技の威力の高さによって、メガシンカポケモンにも劣らない火力を有します。
マリルリとの差別化のポイントは火力の高さとタイプ一致のはたき落とすを使えること。
シンオウダービーでは貴重な悪タイプであり、硬いエスパー・ゴーストタイプに足止めされないのが魅力的です。
先制技のアクアジェットは、マニューラを6割以上、ガブリアスを4割程度削る火力。

クラブハンマーキングラーブロスターシザリガー限定技で、【威力100/命中90/急所に当たりやすい追加効果有り】という、アクアテールの上位互換にあたります。
4世代で特殊技から物理技に変更、5世代で命中率が85→90に、6世代で威力が90→100と作を重ねるごとに地味に強化されているらしいです。


f:id:barudoru:20140517124427p:plainサーナイト
ムーンフォースマジカルシャイントリックルーム、まもる@オボンのみ/シンクロ】
174-×-94-187-135-76 (H244,B68,C196) れいせい
 ※S個体値0
HB:A200ハッサムのテクニシャン+バレットパンチを最高乱数以外耐え
C:11n、183-106ガブリアス・157-131カポエラームーンフォースで確定1発

トリックルーム始動役。特攻が高く、多くの弱点を突けるため自身もトリル下のアタッカーとして機能します。
サマヨールクレセリアと比べて防御の低さがネックですが、2枚の威嚇とオボンのみで十分カバーできます。
フェアリー技を2つ持たせているのは、環境にめぼしい毒タイプが少なくエスパー技が不要だと思ったのと、ガブリアスカポエラーを一撃で倒す打点として単体技のムーンフォースが欲しかったからです。

特性をトレースにすると特性の発動順でS関係がバレるため、シンクロを選ぶことにしました。
素早さがバレないことで拘りスカーフの可能性を相手に警戒させられるのは大きく、相手としては挑発や吠えるといったトリルガンメタをしづらいはずです。
シンクロの発動機会も意外とあり、熱湯や鬼火で受けた火傷を返すという場面がよく見受けられました。


カポエラー
インファイトねこだまし、ふいうち、いわなだれ@だっしゅつボタン/いかく】
157-161-115-×-131-90 (H252,A252,D4) いじっぱり

猫だまし・威嚇でサーナイトのトリルを補助し、脱出ボタンで迅速かつ安全にシザリガーに繋げます。
脱出ボタンを発動させるうえで狙い目なのは全体技。
このルールでは3犬のバークアウトや放電地震、波乗りなど全体技が飛び交うため、それによって発動してくれる場面が多々ありました。
反対に苦手なのは鬼火。ボタンが発動しないうえカポエラーが腐ってしまうので不利な盤面になります。
鬼火を撃たれそうならウインディに交代するのが吉。

技はインファイトと猫だましは確定として、サブウェポンに岩雪崩と不意打ちを選びました。
岩雪崩は追加効果の汎用性が高く、サンダーやフリーザーを削るのに役立ちます。
不意打ちは過去作限定技。単純に威力が高く、こちらのサーナイトの弱点であるゲンガーを削れるのが優秀でした。

最遅で使うべきでしたが、不意打ちカポエラーは意地っ張りの個体しか持っておらず、
勇敢を用意する時間が無かったため泣く泣く意地っ張りでの採用。


f:id:barudoru:20140517123723p:plainウインディ
フレアドライブインファイトワイルドボルトしんそく@こだわりハチマキ/いかく】
191-176-100-×-100-124 (H204,A236,S68) いじっぱり

H:16n-1
A:11n
S:最速ユキノオー抜き

シンオウダービーにおいてはサンダーと並ぶハイスペックポケモン
威嚇によるサーナイトの耐久補助、鬼火や鋼技からの逃げ道、フレアドライブによる鋼タイプの駆逐、終盤神速でトドメを刺す役など多くの役割を担います。

この構築で苦手気味なマリルリに対して、後出しから対処しやすいのも優秀です。
カポサナ・シザサナの並びに対してマリルリを出された時は、サーナイトマジカルシャインでダメージを与えつつ、カポエラー(シザリガー)をウインディに交代して威嚇。
マリルリが複数回の威嚇を嫌がって腹太鼓を叩いてくれれば、シャインの蓄積ダメージと併せて鉢巻神速で縛ることができます。
太鼓を使っていないならワイルドボルトでごり押せます。

最遅にする手もありましたが、無振り70族以下にできずメタグロスとのS関係がはっきりしないのは嫌だったので中速での採用としました。


キュウコン
【ねっぷう、ソーラービーム、にほんばれ、まもる@じゃくてんほけん/ひでり】
171-×-96-110-121-167 (H180,B4,C68,D4,S252) おくびょう

HD:C182ラティオスの珠流星群、C161キングドラのメガネ流星群を最高乱数以外耐え。
雨対策。ニョロルンパやニョログドラの火力でサーナイトがごり押され、トリルを決められずに負ける、という展開を避けるための採用です。
ユキノオーと違い、雨+鋼タイプという構成に強いのもポイント。

雨パーティを相手にしたとき以外はほぼ出さないので、対雨特化の型としました。
手動天候の日本晴れを持たせて天候合戦に強くし、
晴れ下で水技を受けた際には持ち物の弱点保険が発動して暴れてくれる、という仕掛けになっています。

ウインディと並べて使うことは少なめ。フレアドライブが日照りで強化されるものの、鉢巻だけでも十分な火力があり、むしろ同タイプ二匹を並べることはガブリアスに一掃されるなどのデメリットの方が大きいです。
一方で基本選出のカポサナ側はガブリアスが大得意であるため、炎2匹で初手ガブリアスを誘ってくれるのはありがたい点でした。


f:id:barudoru:20150531130746p:plainカビゴン
【おんがえし、ほのおのパンチ、のろい、まもる@たべのこし/あついしぼう
247-178-106-×-130-31 (H92,A252,B164) ゆうかん
 ※S個体値0
HB:A162鉢巻ウインディ・A161カポエラーインファイトを確定耐え。
シザリガーを出しづらい晴れパーティなどに対して、代わりのエースとなってくれることを期待して採用。
ただ、格闘技、威嚇、鬼火持ちに睨まれて動きづらいことが多く、思ったような活躍はできず。
カビゴンが構築に入っていることで、トリルしない構築に見せづらくなったのも失敗でした。
熱湯と鬼火で火傷させられることがやたら多かったので、空元気を持たせても良かった気がします。