読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ダブル】バンドリトルネ


ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物
バンギラス いわなだれ かみくだく けたぐり まもる あくのジュエル
ドリュウズ じしん シザークロス いわなだれ まもる いのちのたま
トルネロス クロバット ばかぢから とんぼがえり まもる ひこうのジュエル
ボルトロス 10まんボルト めざめるパワー氷 でんじは まもる でんきのジュエル
カポエラー インファイト ふいうち ねこだまし ワイドガード かくとうジュエル
トリトドン だいちのちから れいとうビーム じこさいせい まもる たべのこし

第20回がにゅーオフで使用したパーティです。
苦手とする威嚇ランドロスへの対策として負けん気トルネロスを加えたバンドリ。

バンギラストルネロスを軸にしている以上、構築としては対メタグロスが最大の課題だと考えました。
そのため、パーティ全体的にメタグロスを削る手段を多く取り入れています。
H187-B151-D128のメタグロスを想定すると、それぞれの技で以下のようなダメージが入ります。

特にジュエル10万ボルト+ジュエルインファイト、ジュエル10万ボルト+ジュエル噛み砕くの集中攻撃でメタグロスを落とせる点は重要であり、
カポボルト、バンギボルトの並びに対して相手のメタグロスが動かないことはまず無いので奇襲が決まりやすかったです。

メタグロスへの打点を重視していくうち、5匹が火力強化の持ち物を持っているという超攻撃志向な構築になりました(
これらの持ち物は腐ることがほぼ無いのが利点。
ロトムトリトドンも等倍打点で十分潰していくことができ、
硬い配分のクレセリアもジュエル10万ボルト+ジュエル噛み砕く、またはドリュウズの珠シザークロス+ジュエル噛み砕くでほぼ落ちるのでトリルの妨害にも使えます。

理想はドリュウズ+ボルトorトルネの並びで上から制圧することですが、肝心なドリュウズの選出機会はあまり多くなかったりします。
バンギラスと弱点が被ることはもちろんですが、スイッチトリパか否か見せ合いでは判別しづらいパーティが増え、なかなかバンドリ選出に踏み込めないことも多いです。
場合によってはバンギラスを伴わずドリュウズを選出することもあり、特にこのパーティに対しては相手がバンギラスを選出してくることも多いため、それを見越してピンで選出していくのも良い感じです。

バンギラス
実:189-173-130-×-120-124
努:108-148-0-0-0-252 ようき

ジュエル噛み砕く+通常の噛み砕くで227-171クレセリアを落とせる
砂起こし、対雨・霰、ボルトクレセサザン炎ロトムへの対処など幅広い役割をこなします。
今回は悪のジュエルを持たせ、クレセリアメタグロストリトドンロトムなどに対しても大きな打点を出せるようにしました。
ジュエルがあれば、威嚇された状態でも相手のラティオスシャンデラを一撃で落とせるといったメリットもあります。
この型ではクレセリアや水ロトムを上から殴る旨みが大きいので最速に。
ヨプ無しではミラーがやや厳しいですが、パーティにバンギラスを処理する手段は多々あるので気にならないです。
馬鹿力サザンドラとか気合玉ボルトロスとかいたら怖いですがいないので大丈夫でしょう(●`0w0´)b

ドリュウズ
実:186-205-80-×-85-140
努:4-252-0-0-0-252 いじっぱり

上から多くを縛ることができるエース。
このパーティでは、対スカーフバンギラスや電磁波・電気技・岩技を受けてもらうのも重要な役割になります。
バンギグロスを一撃で落とせる地面ジュエルも考えましたが、現環境のドリュウズは対サザンドララティオスが主要な役割になるためシザークロス+命の珠を使うことにしました。
単純にボルトロスクレセリアの処理速度が速くなる点でも珠は便利。
特性はもちろん砂かきですが、選出段階で型破りを警戒してもらえることもあったりします。

トルネロス
実:155-167-90-×-100-179
努:4-252-0-0-0-252 ようき

威嚇への抑止力となる負けん気に加え、本来バンドリでは対処が難しいローブシンモロバレルを一撃で落とせる点も魅力です。
キリキザンと違って先制攻撃技が無いことから、ボーマンダ・FCランドロスのスカーフに警戒が必要。
相手の威嚇持ちはトルネロスを警戒して後発で出てくることが多いですが、これらが先発で出てきた場合はほぼスカーフと見ていいと思います。
スカーフボーマンダの流星群は高確率で耐えるものの、スカーフFCランドロスストーンエッジは確定1発なので、こちらもカポエラーの威嚇を絡めるなどして縛られることを防ぎたいところです。

ボルトロス
実:171-×-90-161-100-179
努:132-0-0-124-0-252 おくびょう

C144ユキノオーのダブルダメージ吹雪、C182ラティオスの流星群を最高乱数以外耐え
ジュエル10万ボルトで197-133ニョロトノを最低乱数以外で1発
めざパ氷で耐久面無振り(4振り)のボーマンダランドロスを確定1発

主に水への打点を期待して採用。メタグロスや格闘、水ロトムに対しても打点を出して欲しいので電気ジュエル持ち。
この枠は炎技の使えるヒートロトムやサンダーも考えましたが、対雨・ガブリアスを考えるとボルトロスに落ち着きました。
穏やかボルトが有名なためか、電磁波を警戒させて神秘の守りや挑発を誘ったりできるのもボルトロスの利点だと思います。
基本的には、電磁波を撒くより攻撃技で相手にダメージを蓄積させることを優先して立ち回ります。

カポエラー
実:157-132-115-×-130-118
努:252-36-0-0-0-220 いじっぱり

素早さは準速バンギラス+4、格闘ジュエルインファイトで207-130ヨプバンギラスを最低乱数以外1発
霰パーティ、バンギラスナットレイなどの処理を担当。
猫騙しと威嚇で、コンボパやランドロスガブリアスをかき回してもらいます。
ボルトルネと横の相性が良く、カポボルト、カポトルネの形で先発することが多いです。
見切りも欲しい場面はありますが、パーティの吹雪耐性を考えるとワイドガードが外せないですね。

トリトドン
実:218-×-106-123-117-39
努:252-0-140-0-116-0 れいせい

C182ラティオスのジュエル流星群確定耐え、A189ハリテヤマの根性インファイト確定耐え
ロトムや雨パ、トリパへの対処に加え、岩・電気技からの逃げ道やガブリアスランドロスへの打点も担います。
電磁波・トリルの両方に強く、スイッチトリパかどうか判別しづらいクレセグロスにも安心して選出できるのは心強いです。
トリル下でギプスクレセリアアームハンマー使用後のメタグロスよりも先に動けるよう最遅。
最近はトリトドンへの打点を軽視しているパーティも多く、回復と砂ダメージが相まって相手を詰ませることも多いです。